関連書のご紹介

2018年4月17日火曜日

第141回 VICTRIA EXPRESS(ハノイ→ラオカイ)(2017年11月)

2017年11月、ベトナムのハノイからラオカイまで鉄路で行き、そこからサパという観光地へ行きました。

ベトナムには通勤列車はなく、長距離列車ばかりで、昼だけではなく夜も走ってます。
長いものでは、ハノイ=ホーチミン間約1700キロのものがありますが、今回の列車は約300キロと比較的短めです。

ハノイ=ラオカイ間は1日数往復あるようですが、うち2往復は夜行列車です。

その夜行列車には、ベトナム国鉄と契約したホテルなどの専用車両が連結されてます。

今回は、通常のベトナム国鉄の車両ではなく、サパで最高級のVICTRIA HOTELが契約しているVICTRIA EXPRESSに乗車です。

ハノイ駅には、VICTRIA EXPRESSの乗客専用の待合室があります。
ウエルカムドリンクが豊富でした。ワインを飲んでくつろぎますが、鉄の血が騒いで駅の中をうろうろ始めました。

出発30分前になると、スタッフが車両まで案内をしてくれました。
車両入口には、フランス人らしきスタッフがかなり早口の英語で、車内のことや諸注意をしゃべってきます。。。

GA HA NOIと書いてあるのはハノイ駅のことです。GAは「駅」です。

長距離列車ばかりが停車してます。ハノイからは南部ホーチミン、東部ハイフォン、東北部経由で中国、西部ラオカイと、各方面に鉄路が伸びてます。

日本の寝台列車の出発待ちと同じような、まったりとした雰囲気で出発時間まで待機してます。

VICTRIA EXPRESSの車内は、4人用のコンパートメントと2人用の個室がありますが、2人用は単に上段の寝台が片づけられてるだけのようです。

私が乗ったのは4人用のコンパートメントでしたが、今日はほかに利用者がいないので、妻と2人で使っていいとスタッフに案内され、上段の寝台を折りたたんでくれました。


1両に6部屋とスタッフの給仕の部屋があるようです。


朝5時に朝食が提供されました。

朝5時30分過ぎにラオカイ駅に到着。
VICTRIA EXPRESSは最後尾の15号車でした。

 前の方は、ベトナム国鉄の車両です。
こちらも寝台車ですが、前の方は座席車両もあるようです。

VICTRIA EXPRESSには、ドアにVICTRIA EXPRESSの表示があるのですが、せっかくなら車両の色も変えてほしいところです。

ここからは、出迎えのワゴン車でサパの街まで約1時間30分程度乗りますが、それにしても車酔いしやすい人は、耐えられないかも。。。

2018年4月3日火曜日

第140回 こんな商品が!(2018年)


先日、妻からもらったバレンタインチョコ。

なんと、西鉄電車や西鉄バスの駅やバス停がデザインされてます。

妻の話だと、かなりたくさんの駅名やバス停名の商品があったようだったが、すでに売り切れている駅やバス停のものがあったそうです。

電車やバスの絵が描いてあるより、マニアックな雰囲気が高いと思いませんか?

2018年4月2日月曜日

第139回 JR大社駅跡(2017年12月)

出雲大社に行った際に、大社駅が残されているのを記憶していたので、ふらりと立ち寄りました。

どっしりした建物です

廃止当時のものがそのまま・・・

運賃表もそのまま・・・




今でも営業中のような感じです。

臨時改札口がありますが、どれくらい使われたのでしょうか?

ホーム脇には、塗装がはがれかけたSLがありましたが、せっかく建物をきれいに保管しているので残念でした。黒光りするくらいピカピカにしたら見栄えがいいのに!