関連書のご紹介

2008年6月30日月曜日

第55回 西鉄バス47.48系統時刻表(1994年)


1994年の西鉄バス福岡地区の47番48番系統のバスの時刻表が
出てきましたのでご紹介します

<表>



























<裏>


























このころはまだ「本州製紙」バス停や「福商高校」バス停
などの名称でした

ちなみに本州製紙は現在の「美野島南公園前」、
福商高校は「福翔高校」になってます

当時の本州製紙バス停付近は裏路地のちょっとした町工場
的なたたずまいでした、今はURや本州コーポレーションの
高層マンションが立ち並んで、那珂川はきれいに整備され、
しかも道が広くなり見違えるようになりました!

本州製紙の1つ博多駅寄りの「松下電器前」は「清美大橋」になり
その後「パナソニック前」とバス停の名前がころころ変わりました

そのほか細かいことを言うと、那珂川町と福岡市に境にある
「少年院前」バス停は「老松神社」に変わってしまいました

1994年当時と現在(2008年)の路線と違うところは。。。

・博多駅で完全に終わっている(博多埠頭方面には行かない)
・福商高校で終点になっている(現在は延伸してレークヒルズ野多目ゆき)
・博多駅の始発終点が交通センター内になっている
・東若久系統が博多駅まで走っている(現在は東若久~大橋駅間のみ)
・東若久系統が和田四丁目までしか行かない(現在は1つ伸びて東若久まで)
・47番のがんセンター経由(確か47-1を名乗っていたような)がある(現在は廃止)
・47番の福商高校ゆきがある

と、こんなところですかね

また、この数年後までは47番が本数的に優位でしたが、現在は
47番と48番同じくらいの本数の割合になっています

現在は47番と48番重複区間は交互に走るようなダイヤ設定と
なっており、私個人としては使いやすいダイヤになりました

欲張って言えば、博多駅からの最終バスをあと15~30分伸ばして
くれると助かるのですが。。。
博多駅前発の23:30の最終バスはお客さん結構(時には「かなり」)
多いんであと1本増やしてもいいんじゃないですか~
にしてつバスさん!

2008年6月29日日曜日

第54回 秘境!宮崎県西米良村を走るバス(2007年)


2007年のGWに日本でもかなりの秘境といわれる
宮崎県児湯郡西米良村に行きました

その際に乗車したバスです

くま川鉄道湯前駅から発車する西米良村村所ゆき
の西米良村営バス




















車内はこんな感じです
運賃表はついてますが、動いていません!
降りる際に運賃を聞きました830円だったような。。。




















車内からは麓の集落が見えます
たぶん昔は下の集落をバスは走ってたのでしょう




















終点の村所です
国鉄バスの時代からの建物をそのまま使用してます




















村所から西都まで宮崎交通で移動
1日4便です
こんな秘境で1日4便は私個人としては充実していると
思います




















西都ゆきの宮崎交通のバスです
結構新しい車両です!



















村所から西都に行くこちらのバスの方が秘境です!
延々と川かダムか分からないところを沿って走ります
人家もほとんどないし、道もトンネルも狭いし!
乗るなら西都~村所間の方がお勧めです

第53回 紀勢本線特急「くろしお」号(2007年)


2007年8月 フェリーで大阪まで行き、和歌山経由で
熊野古道に旅行に行ったときに撮影した特急くろしお号です

京都→大阪天王寺を経て、和歌山駅に入線です
先頭の1号車はグリーン車です
今回はこの1号車の最前列の席が取れました
。。。というか、普通車は予約で一杯だったんで仕方なく
グリーン車と思ったら、展望席の一番前だったのでグリーン
料金払う価値がありました!












やはり展望席はいい眺めです!
局面ガラスがちょっと残念です、、、
風景が曲がって見えるんですよね。。。












紀勢本線はひたすら海側を走ります
こんな風景によく出くわします











和歌山駅で買った駅弁を食べました
いろいろな寿司が!











終点の新宮まで乗車する人はさすがに少なく、途中の観光地で
皆さん下車され、新宮に着いたときはグリーン車は空っぽでした!

2008年6月28日土曜日

第52回 寝台特急はやぶさ号(博多→東京)(2006年)


2006年7月 寝台特急はやぶさ号で東京に行ったときの様子です

熊本を16:00すぎに発車したはやぶさ号は博多に17:30過ぎに
到着します














いよいよ、はやぶさ号が博多駅に入線です
あわててシャッター押したのでこんなに遠くなってしまいました















さすがに17時過ぎの博多駅は帰宅の人もあり、ホームには
結構な人がいます
ホームに列車が入ってもほとんど乗車する人はわずかなので
なんだか不思議な感じです














































門司につくと、大分から来る富士号と併結します
その前に、門司~下関間を走る機関車に付け替えです

到着した5番ホームにはすでに併結された状態の案内が!















熊本~門司間を引っ張ってきた機関車が切り離されます













































そして、関門間を走るEF81をつなぎ、、、















そうこうしている間に富士号が隣のホームに入線します






























富士号の機関車はすぐに切り離され、隣のホームにいた
はやぶさ号がEF81に牽かれて富士号のホームに移動します
そして、はやぶさ号が東京側、富士号が九州側になり併結されます

はやぶさ号が富士号に近づいてきます!















併結作業してます




















上からも撮影しました















結局一連の作業の関係で門司駅では30分ほど停車していました

昔はなかったであろう車内アナウンスが。。。
「お買い物をされる方は改札を出られてコンビニが~~」

なるほど、駅の売店は1日2本の寝台列車のためだけに弁当だ何だ
と置かないんでしょうね!

しかも、改札口出てのコンビニって、JR九州がフランチャイズでやって
いるAmPmじゃないですか(笑)
商売上手になりました!!

私は一般のB寝台でしたので、向かい側にいた海上自衛官の人と広島
の先までお話して、その後就寝!

翌朝、車掌さんのアナウンスで富士山の案内があります
う~ん、さすが長距離列車観光案内も忘れません!

この日は天気がよくて富士山がバッチリ見えました















そういえば、室内の画像を取っていないと思い撮りましたが
なかなかいいアングルでは撮れないですね。。。トホホ














そうこうしているうちに、東海道線に平行して走る線路が
見え始めいよいよ横浜で海上自衛官さんは下車していきました















その後、東京には定刻9:58に到着!
ヘッドマークは「富士」「はやぶさ」になってます














帰りも寝台特急はやぶさ号でしたが、また後日ご案内します

2008年6月26日木曜日

第51回 釧網本線ノロッコ号(2006年)


2006年2月 大雪の中、北海道旅行に1人で行きました

札幌から特急オホーツク号で5時間以上乗車し、終点の
網走に到着

その後、流氷ノロッコ号というトロッコ列車に乗りました
しかし、寒いのでトロッコ列車とは言っても大きな透明
アクリルでオープンな部分は覆われていました!

久しぶりに見るディーゼル機関車牽引の列車です
機関車も専用塗装です















ノロッコ号のロゴです















50系客車を改造しているようで、ちゃんとサボもあります















最後尾がこんな感じです
もっとローカル客車風のものがいいなぁ















車内は、「トロッコ列車」風といったほうがいいかな。。。
いっそのこと、透明アクリル板を外したほうが寒さを
体験できるんだけどな。。。