関連書のご紹介

2008年5月12日月曜日

第17回 北海道ちほく高原鉄道<ふるさと銀河線>(2005年)


2005年8月の北海道旅行で、道内唯一の第3セクター鉄道
北海道ちほく高原鉄道に乗車しました
廃線(翌春の2006年4月)になる最後の夏でしたので、乗り納め
の人も結構いました

北見駅で JRの特急列車オホーツク号とのショット















独特なサボです














140キロの乗車が終わり、終点の池田にて















いまだに不思議でならないのが、140キロも長い区間全線を
廃止しなければいけなかったのかということです

池田~足寄 陸別~北見と分断して残してもよかったのでは
ないでしょうか?実際、帯広エリアの人と北見エリアの人は
そんなに相互間の移動はなかったようでしたので、各エリアで
存続させればよかったと思います。

訓子府の駅なんてまだ新しくてきれいでした
もったいない!

0 件のコメント: